[留意](29) 人工腎臓用特定保険医療材料

(29) 人工腎臓用特定保険医療材料

ア 吸着型血液浄化器(β2-ミクログロブリン除去用)は、関節痛を伴う透析アミロイド症であって、以下のaからcまでのいずれの要件も満たしている患者に対して、人工腎臓(血液透析に限る。)を行う際に用いた場合に、初回の使用日から1年を限度として算定する。
また、透析アミロイド症の治癒又は軽快により、一旦使用を終了した後再び疼痛等の症状の出現を認めた場合は、以下のb及びcの要件を満たすことを確認した場合に限り、更に1年を限度として算定できる。3度目以降の使用にあっても同様の取扱いとする。
a 手術又は生検により、β2-ミクログロブリンによるアミロイド沈着が確認されている。
b 透析歴が10年以上であり、以前に手根管開放術を受けている。
c 画像診断により骨嚢胞像が認められる。
なお、本材料を使用した場合は、診療報酬明細書の摘要欄に本材料の使用開始日を記載する。

イ 人工腎臓用特定保険医療材料の材料価格には、回路の材料価格が含まれ別に算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。