[留意](73) 両室ペーシング機能付き植込型除細動器

(73) 両室ペーシング機能付き植込型除細動器

ア 両室ペーシング機能付き植込型除細動器は、施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長等に届け出た保険医療機関において、以下のいずれにも該当する患者に対して実施した場合に算定する。ただし、薬事法上承認又は認証された使用目的以外に用いた場合は算定できない。
a ⅰ又はⅱの基準を全て満たすこと
ⅰ ① NYHAクラスⅡ
  ② 左室駆出率30%以下
  ③ QRS幅150ms以上
  ④ 左脚ブロック
  ⑤ 洞調律
ⅱ ① NYHAクラスⅢ又はⅣ
  ② 左室駆出率35% 以下
  ③ QRS幅120ms以上
b 次のいずれかに該当すること。
ⅰ 致死性不整脈による心停止に伴う意識消失の既往を有する患者
ⅱ 血行動態が破綻する心室頻拍又は心室細動の既往を有する患者
ⅲ 非持続性心室頻拍が確認され、かつ電気生理学的検査により心室頻拍又は心室細動が誘発される患者

イ 両室ペーシング機能付き植込型除細動器の移植術を行った患者については、診療報酬請求に当たって、診療報酬明細書に症状詳記を添付する。

ウ MRIに対応していないリードと組み合わせて、単極又は双極用・MRI対応型を使用する場合は、単極又は双極用・標準型を算定する。


価格基準告示:
144 両室ペーシング機能付き植込型除細動器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。