[定義]008 皮膚欠損用創傷被覆材

008 皮膚欠損用創傷被覆材

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「医療用品(4)整形用品」であって、一般的名称が「局所管理フォーム状創傷被覆・保護材」、「二次治癒フォーム状創傷被覆・保護材」、「局所管理ハイドロゲル創傷被覆・保護材」、「二次治癒ハイドロゲル創傷被覆・保護材」、「相互作用性創傷被覆・保護材」、「深部体腔創傷被覆・保護材」、「局所管理生理食塩液含有創傷被覆・保護材」、「二次治癒生理食塩液含有創傷被覆・保護材」、「局所管理親水性ゲル化創傷被覆・保護材」又は「二次治癒親水性ゲル化創傷被覆・保護材」であること。
② 真皮以上の深度を有する皮膚欠損部位に対して創傷治癒の促進、創傷面保護及び疼痛軽減を目的として使用するものであること。

(2) 機能区分の考え方構造及び使用目的により、真皮に至る創傷用(1区分)、皮下組織に至る創傷用(2区分)及び筋・骨に至る創傷用(1区分)の合計4区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 真皮に至る創傷用
真皮に至る創傷に使用されるものであること。
② 皮下組織に至る創傷用・標準型
次のいずれにも該当すること。
ア 皮下組織に至る創傷に使用されるものであること。
イ シート、ロープ、リボン状等の標準形状であること。
③ 皮下組織に至る創傷用・異形型
次のいずれにも該当すること。
ア 皮下組織に至る創傷に使用されるものであること。
イ 顆粒状、ペースト状、ジェル状等の標準形状以外の形状であること。
④ 筋・骨に至る創傷用
筋・骨に至る創傷に使用されるものであること。


価格基準告示:
008 皮膚欠損用創傷被覆材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。