[定義]094 気管・気管支ステント

094 気管・気管支ステント

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「機械器具(7)内臓機能代用器」であって、一般的名称が「気管支用ステント」又は「気管用ステント」であること。
② 悪性腫瘍等による気管又は気管支狭窄に対して、気道確保を目的に使用するステントであること。

(2) 機能区分の考え方
機能、使用目的、構造により一時留置型(2区分)及び永久留置型(1区分)の合計3区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 一時留置型・ストレート型
次のいずれにも該当すること。
ア 自己拡張機能(メッシュ(編目)状で挿入時に細いデリバリーシステムに収納して留置することができる。)を有しないものであること。
イ ②に該当しないこと。
② 一時留置型・Y字型
次のいずれにも該当すること。
ア 自己拡張機能(メッシュ(編目)状で挿入時に細いデリバリーシステムに収納して留置することができる。)を有しないものであること。
イ Y字型の形状であること。
③ 永久留置型
自己拡張機能を有するものであること。


価格基準告示:
094 気管・気管支ステント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。