[定義]110 植込型輸液ポンプ

110 植込型輸液ポンプ

定義
次のいずれにも該当すること。

(1) 薬事法承認又は認証上、類別が「機械器具(74)医薬品注入器」であって、一般的名称が「プログラム式植込み型輸液ポンプ」であること。

(2) モーター、ポンプヘッド、電源及び電気回路が一体化した体内植込型輸液ポンプであって、体外からモード、レート等がプログラム可能であること。

(3) 重度の痙性麻痺患者を対象に、薬剤を髄腔内投与するために使用するポンプであること。


価格基準告示:
110 植込型輸液ポンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。