[定義]111 植込型輸液ポンプ用髄腔カテーテル

111 植込型輸液ポンプ用髄腔カテーテル

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「機械器具(51)医療用嘴管及び体液誘導管」であって、一般的名称が「髄腔内カテーテル」であること。
② プログラム式植込型輸液ポンプに接続して使用するものであること。

(2) 機能区分の考え方
構造等により標準型及び強化型の2区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 標準型
②に該当しないこと。
② 強化型
シリコーン、ポリウレタン、ポリエステル等による、3層以上の多層構造を有し、位置ずれ、破損、ねじれ等を防止する加工を有すること。


価格基準告示:
111 植込型輸液ポンプ用髄腔カテーテル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。