[定義]123 経皮的カテーテル心筋焼灼術用カテーテル

123 経皮的カテーテル心筋焼灼術用カテーテル

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「機械器具(29)電気手術器」であって、一般的名称が「汎用電気手術ユニット」若しくは「経皮心筋焼灼術用電気手術ユニット」、又は類別が「機械器具(51)医療用嘴管及び体液誘導管」であって、一般的名称が「アブレーション向け循環器用カテーテル」であること。
② 経皮的カテーテル心筋焼灼術を実施する際に頻脈性不整脈の治療を目的に使用する高周波電流による心筋焼灼用又は冷凍アブレーション用のカテーテルであること。

(2) 機能区分の考え方
構造により、標準型イリゲーション型及び冷凍アブレーション用の合計3区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 標準型
次のいずれにも該当すること。
ア 経皮的カテーテル心筋焼灼術を実施する際に頻脈性不整脈の治療を目的として使用する高周波電流による心筋焼灼用のカテーテルであること。
イ ②に該当しないこと。
② イリゲーション型
次のいずれにも該当すること。
ア 経皮的カテーテル心筋焼灼術を実施する際に心房粗動又は心房細動の治療を目的として使用する高周波電流による心筋焼灼用のカテーテルであること。
イ カテーテルの先端部を冷却する機能を有すること。
③ 冷凍アブレーション用
ア 冷凍アブレーション用・バルーン型
薬剤抵抗性を有する再発性症候性の発作性心房細動の治療を目的として使用する冷凍アブレーション用のバルーンカテーテルであること。
イ 冷凍アブレーション用・補完型
薬剤抵抗性を有する再発性症候性の発作性心房細動の治療を目的とするバルーンカテーテルを用いた冷凍アブレーションを補完するために使用するカテーテルであること。


価格基準告示:
123 経皮的カテーテル心筋焼灼術用カテーテル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。