[定義]152 胸郭変形矯正用材料

152 胸郭変形矯正用材料

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「医療用品(4)整形用品」であって、一般的名称が「体内固定システム」であること。
② 胸郭不全症候群患者の胸郭変形の安定又は矯正を目的として使用する材料であること。

(2) 機能区分の考え方
構造及び使用部位により、肋骨間用(1区分)、肋骨腰椎間用(1区分)、肋骨腸骨間用(1区分)、固定クリップ(伸展術時交換用)(1区分)及び部品連結用(2区分)の合計6区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 肋骨間用
次のいずれにも該当すること。
 両端とも肋骨に固定し、胸郭を安定又は矯正させることを目的に使用するセットで、以下の構成品を含むものであること。
ⅰ コネクター2個
ⅱ ロッキングクリップ2個及びディストラクションロッキングクリップ2個又はディストラクションロッキングクリップ3個
ⅲ クレードル2個
ⅳ リブスリーブ1個又はエクステンション2個

② 肋骨腰椎間用
頭側端は肋骨に、尾側端は腰椎に固定し、胸郭を安定又は矯正させることを目的に使用するセットで、以下の構成品を含むものであること。
ⅰ コネクター1個
ⅱ クレードル1個
ⅲ リブスリーブ1個及び腰椎用エクステンション1個の組み合わせ又はエクステンション2個
ⅳ オフセットラミナフック1個
ⅴ ディストラクションロッキングクリップ2個

③ 肋骨腸骨間用
次のいずれにも該当すること。
 頭側端は肋骨に、尾側端は腸骨に固定し、胸郭を安定又は矯正させることを目的に使用するセットで、以下の構成品を含むものであること。
ⅰ コネクター2個
ⅱ クレードル1個
ⅲ リブスリーブ1個及び腰椎用エクステンション1個の組み合わせ又はエクステンション2個
ⅳ S-フック1個
ⅴ ディストラクションロッキングクリップ2個

④ 固定クリップ(伸展術時交換用)
ディストラクションロッキングクリップであること。
⑤ 部品連結用・縦型
複数の肋骨を把持することを目的に①、②又は③に追加して使用するセットで、以下の構成品を含むものであること。
スタガードコネクター
⑥ 部品連結用・横型
複数の肋骨を把持することを目的に①、②又は③に追加して使用するセットで、以下の構成品を含むものであること。
ア トランスバースバー
イ トランスバースクレードル
ウ コネクター


価格基準告示:
152 胸郭変形矯正用材料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。