[定義]165 脊椎棘間留置材料

165 脊椎棘間留置材料

定義
次のいずれにも該当すること。

(1) 薬事法承認又は認証上、類別「機械器具(4)整形用品」であって、一般的名称が「単回使用棘間留置器具」であること。

(2) 脊柱管狭窄症患者の腰背部痛及び下肢痛緩和のため、棘突起間に留置するものであること。


価格基準告示:
165 脊椎棘間留置材料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。