[定義]174 植込型骨導補聴器

174 植込型骨導補聴器

(1) 定義
次のいずれにも該当すること。
① 薬事法承認又は認証上、類別が「機械器具(73)補聴器」であって、一般的名称が「骨固定型補聴器」であること。
② 既存の治療及び補聴器では症状の改善が見られない両側聴覚障害に対して、聴力改善を目的に使用するものであること。

(2) 機能区分の考え方
植込型骨導補聴器は、音振動変換器、接合子付骨導端子、骨導端子及び接合子の合計4区分に区分する。

(3) 機能区分の定義
① 音振動変換器
外部の音を取り込んで振動に変換し、振動を骨に植え込んだ骨導端子に伝える装置であること。
② 接合子付骨導端子
接合子と骨導端子が一体となったものであること。
③ 骨導端子
骨に直接植え込み、音振動変換器からの振動を接合子を介して骨に伝えるものであること。
④ 接合子
音振動変換器と骨に植え込んだ骨導端子を接合するものであること。


価格基準告示:
174 植込型骨導補聴器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。